ビーアップ プエラリア

B-UP(ビーアップ)を飲んで乳がんになるって本当?
Line

B−UPを飲んで乳がんになるって本当なのかについて


ここでは、B−UPを飲んで乳がんになるって本当なのかについて、書いています。

インターネットでB−UPと検索すると、乳がん、という文字が出てくることがあります。

それを見て、ドキってした人もいると思うんです。

B−UPを飲んだら本当に乳がんになるのか?

みなさん気になると思うので、そのことについて詳しく書いていきたいと思います。



Line

B−UPを飲むと乳がんになるの?


B−UPを飲んで乳がんになるって本当なのかというと、本当ではありません。

ですが、そう言われている理由があります。

その理由というのは、

・エストロゲン
・過剰摂取


なんです。



Line

エストロゲンが原因で乳がんになる?


B−UPには、プエラリアという女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれています。

その女性ホルモンというのは、エストロゲンです。

このエストロゲンは、細胞分裂を促す働きがあります。

それにより、乳がんを発症したとき、がん細胞をも分裂させてしまう恐れがあるのです。

最近、よく乳がんって言葉を耳にしませんか?

乳がんを発症する女性が、年々増えてきています。

近年、ホルモン補充療法やピルなどを用いる人が年々増加傾向にあり、エストロゲン摂取が増えてきているのです。

それが原因で、乳がんの方が増えてきているのでは、と考えられているのです。

だから、プエラリアを摂る=乳がん、という考えが定着しており、B−UPを摂ると乳がんになるという噂も広がっているのです。



Line

B−UPの過剰摂取で乳がんになる?


B−UPにはプエラリアが使用されているとお話しましたよね。

プエラリアは確かに女性ホルモン、エストロゲンの分泌を促す働きがあります。

しかし、プエラリアはエストロゲンではありません。

エストロゲンに似た働きがある成分なんです。

だから、普通にB−UPを飲む分には、何ら問題はありません。

しかし、早くバストアップしたいという焦りから、B−UPを過剰摂取する人がいます。

過剰摂取すると、エストロゲンが過剰に分泌する恐れがあります。

そうなると、乳がんになってしまう可能性も0ではありません。

ですので、過剰摂取しないよう、必ず摂取量を守って飲むようにしましょう。



Line

B−UPは乳がんにならない!まとめ


B−UPを目安量通り、もしくはそれよりも少ない量で飲んでいれば、乳がんの心配はいりません。

B−UPは決められた量を守って飲めば、全然悪いものではないのです。

女性の体を健やかにしてくれるサプリメントなんです。

乳がんって、本当に怖い病気です。

ですので、飲む時は必ず記載されている目安通り飲むようにしましょう。

また、乳がん検診が受けれるのであれば、受けるようにしましょう。

Line